カテゴリ:皮膚トラブル



5月 07日, 2021年
今年の春は雨が多かったですね。 毎年なら晴れ間があり気温も上がりますが。 皮膚の弱い方は、痒み・赤み・浸出液が気になり始める季節です。 漢方の考え方で浸出液は皮下湿熱。 発越させて解消する方法があります。 自力で発越できない方も汗をかいて解消しましょう。 汗は湿熱を内から外へ出してくれます。...
2月 24日, 2021年
皮膚炎は痒みを伴います。 痒いと眠りが浅くなる傾向にあり、 しっかり眠れていると思っていても 痒みが取れるともっと深く眠れて、 眠りの浅さを後から自覚します。 漢方の世界では主に肝熱、陰虚と呼ばれるものが関係します。 このバランスが整うことで痒みのコントロールができるようになります。 春と冬が混在するこの時期から痒みや...
2月 09日, 2021年
お客様であるお子様が、気になることがあればお母さまに 「カンポーちゃん(私)に聞いてね」 といわれるそうです。 子供の体質はすぐに嗜好に出るようで、 飲み始めて半月くらいから、嫌っていたお野菜を食べるようになっているとお母さまが驚いたとおっしゃられます。 今まで毒素をため込む方向だった体が解毒しようとする体質に変化してきています。...
1月 21日, 2021年
お風呂あがってから背中だけが痒くて、 クリーム塗っても次の日同じで くりかえしてます・・・ 陰虚体質の典型です。 補陰をすると早いうちに痒みとは無縁になります。 加齢やストレスに伴うもので、 補陰をやめてしばらくして陰虚になるとまた症状が 出てくることになります。 漢方で補陰するときは3か月くらいを目安に取り組まれることをお勧めします。...
1月 06日, 2021年
子供の皮膚かぶれは漢方で治りますか? 子供も社会と接し始めると見せたくない部分が出てきます。 皮膚科に行くと臀部などは見られるので行かないそうです。 当店の場合、舌を見せてもらうだけなので 「アッカンベー」してもらっています。 腎気がしっかりしている子供は 舌がとてもきれいでかわいい。 体質に合わせて漢方を飲んでもらうと...
12月 16日, 2020年
https://www.ekiten.jp/shop_6518346/review/ 嬉しい口コミを頂いています。 これからもお役に立てるように頑張ります。
10月 29日, 2020年
漢方を飲んで1か月。 体は変化します。 良い方に。 毎月生理が辛くて仕方なかった 皮膚科に行っても一向に治らないのに検査と塗り薬ばかり 気持ちが安定しないときは毎回決まって同じ薬 何回同じこと繰り返して病院に行くのか・・・ その他・・・・大勢、いろいろな症状 決して医師が悪いとかではなく。 医療が間違っているわけではなく。...
9月 14日, 2020年
生理の1-2週間前からニキビができ 毎回皮膚科に行きますが、 ずっと何年も繰り返しています。 ????? 生理周期に関係するなら、そんなに長く放っておかず 産婦人科にもいけばよかったのに・・・ なぜ、皮膚科ではそのように勧めなかったのか? 縦割り医療の弊害? 今の日本の現状です。 治りたくて何度も受診する。 医者を責めることもなく、また行く。...
8月 03日, 2020年
関西地方もようやく梅雨明け。 一気に夏の暑さがやってきました。 今年は梅雨が長かったので梅雨の後半は湿熱体質が悪化している方がたくさんありました。 症状としても皮膚症状の悪化 アトピー、尋常性乾癬、湿疹など 皮膚病を持っておられる方の 痒みが我慢できないケースがありました。 痒みに伴う、排便の不調も多くあります。...
7月 16日, 2020年
今日は手前味噌なお話! 尋常性乾癬が夏になり悪化。 顔面が真っ赤になり気になります。 漢方を飲んで数日で効果が感じられたようです。 (数日で治るわけではありません) 漢方は体内からの作用。 皮膚科のステロイドも塗っているけど 痒みが取れるだけで赤さが取れない。 そこで野菜パックをご提案! やってみると爽快感があり赤さが数日で消えて...

さらに表示する