5月 25日, 2022年
違和感を伴い、鏡でのどを除くと見える膿です。 『膿栓』と呼ばれます。 抗生物質を飲んでもでもなかなか取れず、 のどの異物感が生活に支障をきたします。 ネット検索などで、膿を解消する漢方などがヒットしやすいのでお問合せもチラホラ。 漢方も速攻で治ることもなく数カ月は要しますが 押し出されるようにどんどん出てきて 異物感もなくなります。...
5月 23日, 2022年
ニキビが繰り返し出てくると もちろんニキビ痕の色素沈着なども残ります。 大雑把に ニキビは湿熱体質 ニキビ痕は瘀血体質 と分けられます。 ニキビ跡がしつこく残る方の生理は 経血魂が大きめの方や経血の色が暗い 特徴があります。 化瘀血の漢方を飲みだすと生理の度に経血魂が小さくなったり 経血色が鮮明な赤色に変化することがあります。...
5月 20日, 2022年
5月21日あたりからの2週間
5月 19日, 2022年
例年と違い、 2月末くらいから『膿』に関するご相談が 数件ありました。 切開して取り除いてもまた貯まる。 歯茎の場合は、敏感ですのでとても気になるようでした。 通常膿に使用する漢方薬では効果が出ず、 歯茎に関係する経絡2本(胃経絡と肝経絡)の清熱利湿と清肺熱をしておさまりました。 戻るまでも2.3か月かかり、その間は歯科医も様子見が続きました。...
5月 06日, 2022年
立夏を迎えてやっと気温が上がり始めましたね! 立夏には濃い目の新茶で解毒しましょう。 『茶』は、手軽な清熱解毒作用を持っています。 生薬として漢方にも使用されます。 ミントティなどでも代用できます。 体表の解毒を主としますので、 紫外線の強いこの時期にはぴったりです。 気持ちがイライラしたり、 神経の高ぶりにもいい香りで癒されますよ。...
5月 05日, 2022年
5月6日前後
4月 27日, 2022年
お嬢様の出産が近く、産後のケアについてお客様とお話ししました。 戦後生まれ世代の方も産後のケアについてはまったく知識がないので、若い世代になるにつれて知識がないのも当然です。 子供が生まれて悪露が出て、次の生理が来れば問題ない。と思われがちですが、 東洋医学の世界では ①血を綺麗に保つこと ②腎を労わること この2つが大切とされます。...
4月 21日, 2022年
数年前から夜に痒くなる。 掻く→ミミズばれ→赤くなる(毎日繰り返す) 日中に紫外線を浴びたところに集中します。 露出している部分だけに気になりますね。 知り合いから漢方を勧められても、 飲めるかなあ?続くかなあ? と悩んだ挙句腹をくくってお越しになられましたが 結果は、もっと早く来ればよかった。。。 みんな同じですが、自分で考えるよりも...
4月 17日, 2022年
4月20日前後からの2週間
4月 14日, 2022年
桜が咲いたら、台風1号が日本列島に接近してきていきなり夏日になりました。 また気温は戻るそうなので体調管理にお気を付けください。 春は頭部の症状が出やすいので、 毎年春には“風”のコントロールをする漢方を使用します。 今年は夏も一緒にやってくるので “風”に加えて“湿熱”もコントロールしなければなりません。...

さらに表示する